« 深呼吸 | トップページ | 北海道 »

食物アレルギー

食物アレルギー。
皮膚のトラブルをかかえる多くの飼い主様が悩まれている疾患です。

食物アレルギーはなかなかやっかいな疾患で、体質によるものが多いために、完治することは非常に困難で、通常は「うまく付き合う」ことになります。

ハウスダストマイトやカビ、花粉といったものに影響されるアトピー性皮膚炎とは区別されますが、症状はほとんど同じですので、外からみて区別することはまずできません。

現在最も良い診断方法は、除去食試験と呼ばれるものです。
これはアレルギーの原因となる食物を一切入れない食事を2カ月間続けることが必要です。
通常は動物病院の処方食を使っていただきます。
残念ながら、2カ月間はおやつも絶たなければなりません。

2カ月が過ぎました。
痒みが2カ月前と同じくらいに続く場合は、食物アレルギーの可能性はほとんどありません。別の原因が考えられます。
→その後は何を食べさせても痒みへの影響はほとんどありません。
痒みが無くなくなるか、あるい減った場合は、食物アレルギーの可能性がかなり高くなります。
→痒みの原因となっていた食物をさらに探すことを始めます。

実際には、食物アレルギーとアトピー性皮膚炎を併発している子は多いとされます。
また、併発している場合には、食物アレルギーだけを改善しても、アトピー性皮膚炎が続くために痒みは減ると思いますが、完全になくなるわけではありません。

治療によってかなりよい状態を維持できるようにはなります。

アトピー性皮膚炎→血液検査で原因判定
食物アレルギー→血液検査でおおまかに調べた後、除去食試験を実施

これが原因追及の最もよい方法です。
その他に、皮内反応と呼ばれる検査方法もあります。

検査センターの選択も大切です。
どの検査センターで検査が行われるのかは、動物病院に任せることになりますが、調べる原因物質の数が多いからと言って、良い検査とは限りません。
精度と信頼度で検査の良さを評価することになります。

数量限定のカレンダーの配布が終了しました。
早速、こんなカレンダーだったらもっとがよいとリクエストも頂きました。
ご要望がございましたら、是非お声を聞かせてくださいね。

« 深呼吸 | トップページ | 北海道 »

ペット」カテゴリの記事

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

iTune