« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

できものが見つかったら

午前中はとても良い天気でしたねsun
受付ではエアコンの暖房をつけていましたが、「暑い」と言われるほどでしたcoldsweats01

今週あった手術から、2件の腫瘤(できもの)について。
女の子の皮膚のできものと、男の子の口の中のできものです。

女の子の物は小さいできものですが、始めの検査であまり良くない細胞が増えていました。
本当に小さいので、検査をする僕の方があまり心配ないだろうと思っていました。
針生検を行いました。
注射の時に使う針でできもの刺して、採れた細胞を顕微鏡で検査します。
特徴的な細胞ですので、この時点で確定診断と言ってもよいのですが、大切なことですので、手術で取り除いた物を病理検査でさらに調べてもらっています。

このようなできものの場合、傷を小さくするためにできもののギリギリで切開することはよくありません。しっかりと余裕をもって切り取らないと、再発の可能性が高くなります。

できものが本当に小さいときに発見され、飼い主さんも即手術を選択されましたので、再発は絶対に避けたいと考えていました。

まだ、検査結果は出ていませんが、十分な手術ができたと思っています。

男の子の口の中のできものです。
このできものの特徴は、薬を使うとほぼ完全に消えてしまうことです。
よく行う方法なのですが、薬で小さくしておいてから手術をすると、切開も小さい範囲で済みます。
この方法を始め試してみたのですが、小さくなるどころではなく、本当にわからないくらいに消えてしまいした。
結局手術は中止。

しかし、薬を止めるとまたできものが現れます。
これを何回か繰り返すうちに、薬を止めて、できものがはっきりとわかるときに手術をすることにしました。

通常は前の女の子同様に、手術前に針生検をするのも一つなのですが、口の中ですので、どうしても麻酔が必要です。
そこで、麻酔をかけて検査するなら、そのまま手術をして取り除くことが最善だということで、針生検をせずに検査と治療をかねて手術をなりました。

大変に元気のよい男の子で、小さいときから知っています。
手術の後も元気いっぱいでした。
前日はちょっと元気がなかったようですが。

どちらもしっかりと取り除けましので、病理検査の結果がでましたら、もっと安心できるのではないかと考えています。

どちらの飼い主さんにも笑顔になって頂きたいですので、はやく検査結果がでないものかと気になっています。

このように、できものが見つかったら、まずは何というできものかを診断することが大切ですし、できるだけ小さいうちに手術などで取り除くことは最善の策です。

また、悪いものではないと分かった場合には、様子を見て、大きくなるようなら手術をするという選択もあるかも知れません。

しかし、最も問題なのは、何のできものかわからないままに様子を見ることです。
突然にできものができることは少ないことです。
小さな細胞が次第に大きくなってできものができます。
ある程度成長してやっと発見されるわけですが、この発見時の大きさで運良く成長を止めることは、とても幸運なことです。
しかしながら、このような幸運はあまりあるものではありません。
普通はそのままさらに大きくなります。

できものを見つけたら、まずはそれが何なのかを知ることが大切だと考えています。
早期発見、早期治療に勝るものはありませんからconfident

オモチャを飲み込んじゃった

日本橋動物病院のブログです。

スッキリと晴れましたねsun
朝のうちは雨が降るとの予報でしたが、結構早くからきれいな青空が広がっていました。
お散歩日和でしたね。


この1カ月の間に「オモチャ」と飲み込んじゃった子で、両極端の治療を行ったことがありました。
ワンちゃんとネコちゃんです。

ワンちゃんは、ゴムボールの欠片を飲み込んでしまい、吐き気が続いていました。
何度も吐きながら、その欠片は出てきません。
レントゲン撮影を行うと、胃の中に写っていました。
物がゴムですし、自然な嘔吐では出てはきませんが、吐かせる処置をすることは危ないことではないと判断し、まずは吐いて出すことを考えました。

ちゃんと吐き出してくれましたよ。
麻酔も何も必要ありませんでした。
午前中に来院され、お昼頃には帰ることができました。

次ぎはネコちゃん。
元気がなく、食欲が減ってきて、少しながら食べますが、吐いてしまいます。
飼い主さんも心当たりがなさそうです。

X線検査で、胃と腸にそれぞれあやしい物がありました。
胃にあったものは小さなオモチャ。
これはネコちゃん自ら自然に吐き出してくれました。
それでも腸の中に残っている何かが影響して、食欲が戻りません。

開腹手術をして取り出すことにしました。

小腸に詰まった小さなオモチャが見つかりました。
かなり短い時間で解決しましたが、それでも手術が必要でした。

入院の後で無事に退院し、モリモリ食べて先日行った抜糸の時には体重がしっかりと増えていましたよ。

このように、異物を飲み込んでしまった場合の治療は様々です。

①吐き出すことができる安全な形や素材であれば、まず吐かせることを考えます。

②吐かせることが困難な形や素材、例えば、針を飲み込んでいるときや、大きなボールを飲み込んでいる場合は、吐かせる処置は逆に危険です。
はじめから吐かせることは考えません。
針や小さな物なら内視鏡を使います。
これまでも、内視鏡で取り除けたものは多数あります。

③吐かせることができず、内視鏡も使えない、そんな場合は手術です。
胃腸から異物を取り出す手術は比較的簡単な手術です。
それでもお腹を開く必要がありますから、数日の入院が必要です。

しかし、いずれの場合も、異物が取り除けたら、どうぶつ達は急速に元気を取り戻し、よく食事をしてくれるようになります。

ゴムボールの欠片の飲んでしまったワンちゃんの飼い主さんも、最悪は手術を覚悟していらっしゃいましたが、麻酔も入院もなく2-3時間で帰ることができまた。
安心していただけたと思います。

手術が必要だったネコちゃんの場合は、X線検査で異物が見えましたが、手術で取って実際に見ていただくまで心配されていました。
手術後は手術前とは違って、モリモリ食べるようになり、一切吐き気を見せず、元気になりました。

異物の誤飲は人が注意してもなかなか全てを予防することはできません。
後は、何かの異変に気付いてあげられるかが、回復までの時間を短くできるかどうかです。
しっかりと画像診断をし、原因が確定したら、一気に解決に向けて治療するのみです。

どこがと言う訳ではないけれども、何かがおかしいという飼い主様の見方は結果として正しいことがほとんどです。

お気軽にご相談くださいね。

TOKYO SKY TREE

日本橋動物病院

おはようございます。
晴れましたねぇsun


最近、清洲橋から見える建設中の建物が気になっていました。
清洲橋を中央区側から渡るときに、右には佃、月島のマンションがきれいですよね。
逆側、左手側に今はまだちょこっとだけ見えているのですが、何か大きな物が建ちそうな、そんな物があります。

看護士に「TOKYO SKY TREE」だと言われ、少し調べてみますと、すでに高さ200mを超えたのだそうです。
→TOKYO SKY TREE
最終的には634m。
この634はムサシなのだそうです。
開業予定は2012年春。
この時点で自立式電波塔というカテゴリーでの世界一なのだそうです。
(ちなみに東京タワーは高さ333m)

今200mを超えたところで、清洲橋からはちょこっと頭が見えるくらいですから、さらに400m以上伸びるとなると、もっとはっきりと見えるようになりますね。

今でもいろいろなドラマに登場する清洲橋ですから、右手のきれいなマンション群、左手には東京スカイツリーだと、さらに注目されそうです。

清洲橋を通るたびに、今日はどこまで伸びたのか、東京スカイツリーの高さが気になりそうです。
東京タワーの時にも完成を心待ちにする人々がいたと思います。
時を超えて、同じ楽しみを共有できているような、そんな気がしますhappy01

手術数↑↑

日本橋動物病院

先月の手術数は本当に多かったので、今月は少しは減るのだろうかと予想していました。
あまり減りませんねえconfident

飼い主様は手術当日はとても心配な顔でいらっしゃいます。
当然ですね。
それでも、手術後に会っていただいたり、その後のご面会で来られる時などは、本当に笑顔になられるので、当院スタッフとしましてはホッとする瞬間ですhappy01


先日、仙台にお住まいの猫ちゃんの飼い主様からお問い合せを頂きました。
以前に腎周囲嚢胞の手術をしたのですが、そのことをブログに書いたことがあります。
それをご覧になってのお問い合せでした。

「仙台でも手術ができるのか。」
「日本橋に連れて行けば引き受けてくれるのか。」
ということでした。

手術は簡単なものですので、当然ながら仙台でもできると思います。
東京まで連れて来られなくても大丈夫です。

まだ若い猫ちゃんのようです。
行かれている動物病院ではあまりこの先長くはないとのお話があったようで、飼い主様は大変にご心配されていました。

今行かれている動物病院の獣医師を信頼されていますので、手術のことをご相談してみては如何ですかとご提案してみました。

僕が手術をした腎周囲嚢胞の猫ちゃんは、非常に高齢ですが、とても元気です。
食欲もかなりあります。
まずは飼い主様が希望を持って獣医師と二人三脚で治療に取り組まれるのが何よりですので、少しでも明るい話になればと、その時の様子をできるだけ詳しくお伝えしました。

手術は受けるどうぶつも、そして飼い主様もとてもご心配です。
その決断には、相当に迷われると思います。

僕は手術をするメリットが、デメリットを上回るときにご提案しています。
また外科手術のよいところは、しっかりと取り組めば、完治を目指せると言うことです。

セカンドオピニヨンもお受けしております。
ご遠慮なくお申し付け下さいね。

冬支度

まだ11月も半ばですが、だんだんと街にクリスマスの飾り付けが増えてきましたxmas
トルナーレ前のイルミネーションもその一つです。
銀座のミキモト前の大きなツリーもそろそろでしょうか。

昨日どうぶつ病院に飾るクリスマスリースを注文しました。

そして、12月1日から恒例の来年のカレンダーをお配りする予定です。
今年も数量限定150部。
今回のカレンダーは、これまでとは違いまして、デザインも形も変わりました。
これまでのものは書き込みスペースが少ないとご指摘ありましたので、書き込みスペースがあるものにしましたよhappy01

早くから年末気分もよくありませんので、クリスマスリースの飾り付けも、カレンダーの配布も、12月に入ったらご用意しようと思っています。

それでも12月まであと2週間。

残り少ない2009年。
どうか良い年のまま過ごせますように。

ラブ爺さん

また、今日も雨ですねぇ。
明日は晴れるようですよsun


プラス思考の方、マイナス思考の方、いらっしゃると思いますが、同じ物を見ても、物事について考えても、楽観的にとらえたり、悲観的にとらえたり。

ワンちゃんが、尾っぽをブンブン振って、喜びを体全体で表現しているときに、これを悲観的に捉えることはあまりないことだと思います。
しかしながら、黙ってじっとしているワンちゃんを見たとき、その子がニュートラルな状態だとすると、これはその姿を見る人によって、楽観的にも悲観的にも捉えられるかも知れません。
「今日は暖かくて気持ちがよい日だな〜」ともとれるかも知れませんし、「遊んでもらえなくて退屈だよ〜」ともとれるかも知れません。

物言わないワンちゃんだけに、飼い主様や周りの方々のとらえ方によって、楽しそうに見えたり、退屈そうに見えたりするかも知れません。

もしかすると、捉え方の違いは、その人のその時のお気持ちに近いものがあるのかもしれません。

往診先で紹介され、本を頂きました。

09111401


老犬の介護生活を明るく楽しく過ごされた方が書かれた本です。
サブタイトルには「あかるい老犬介護のすすめ」とあります。

タイトル 悪犬 ラブ爺の愉快な一生
著者   青木 かをり
文芸社  1500円+税

お気付きのとおり、ラブ爺はラブラドールです。
大型犬の老犬介護は本当に大変なことなのですが、あかるく、たのしく過ごされた日々が綴ってあり、読む方も元気になりますhappy01

帯にはこう書かれています。

老犬介護と言うと、ちょっと暗く辛いイメージがありますが、
我が家の、モットーは介護生活は明るく楽しく。
限られた時間なのですから、泣きながら過ごすよりは、
笑いながら過ごした方が良いではありませんか。
(一部抜粋)

生活環境やどうぶつ医療がよくなっていますので、年齢を重ねたどうぶつ達が増えてくると思います。
介護生活を多くの方々がご経験されることもあるでしょう。

その子と出会えたことは奇跡的な偶然かもしれません。
その出会いや、これまで過ごした時間を、介護生活で辛い思い出にしてしまうのは、お互いに望まないことでしょう。

明るく、楽しく。

介護生活に限らず、プラス思考、ボジティブ・シンキング、楽天主義、楽観主義。
どうぶつ達との生活が楽しく、明るく、続きますように。

この薬は何のお薬?

どうぶつの病気の治療には多くの場合、薬を使います。
自然に治ってしまう場合を除いては、薬を使うことで早く治ったり、薬を使わないと症状を改善できない場合がほとんどです。

お渡しするときに、薬の効果をお伝えするようにしていますが、時々、これは何というお薬ですか?とお尋ねになる飼い主様がいらっしゃいます。
当然のことですが、これはコレコレというお薬ですと回答しています。

このような場合には、その後で、きっとその薬のことを本でお調べになるか、あるいはインターネットでお調べになるか、もしかするとお友達にお尋ねになるかなのだと思います。

エピソードがあります。

ひどい下痢を起こしたワンちゃんが来院されました。
これまでにないひどい症状で、飼い主様は動揺されていました。
検便をすると芽胞菌というグループの細菌が増えていました。
薬を使ってこの芽胞菌の数を減らすことで、かなり早くに下痢が治ります。
早い場合にはその日のうちに治ります。
しかしながら、この薬は強い薬ではありません。
副作用も、飲ませる量を間違わなければまずないと言ってもいいくらいです。

そこでお出しした薬は「メロトニダゾール」というお薬です。

このお薬は、ヒトも使います。
ヒトではトリコモナスの治療に使われます。
性感染症の治療薬でもあります。

当然、このワンちゃんは性感染症ではありません。

メトロニダゾールは、嫌気性細菌とよばれる細菌群と原虫に効くお薬です。
トリコモナスにも、そして、今回検便でみつかった芽胞菌の治療にも使います。

ヒトでは特にトリコモナスのお薬とされていますが、芽胞菌や腸トリコモナスのお薬とは記載はないかもしれませんし、下痢を治す薬としてはあまり使われないでしょう。

飼い主様はお電話で「性感染症の薬がなぜ、うちの子に必要なのか?」という疑問をお話になりました。

当然と言えば当然の質問です。
しかし、下痢なのに性感染症の薬を出されたというご誤解はなかなか解決しません。
性感染症に対する偏見も残念ながらあるわけですから、困ったことになりました。

ヒトの性感染症とワンちゃんに下痢を引き起こす原虫同じお薬で治るというだけのことです。

ワンちゃんにこのメトロニダゾールを使うのは、主に下痢のときです。
・クロストリジウム性食中毒
・形質細胞性胃腸炎
・腸内細菌の異常繁殖
・バランチジウム症
・赤痢アメーバ症
・腸トリコモナス症
・ジアルジア症
などなど、下痢を起こす病気はいろいろとありますが、上に記したものにはメトロニダゾールはよ使われます。
メトロニダゾール単独ではなく、いくつかのお薬を合わせて使うこともよくあります。

お薬情報も途中までの検索ですと不安や心配、そして誤解につながることもあるようです。

これら全てを毎回お話することはなかなか困難ですので、今回はこの場を借りましたよhappy01

また、この話題

あまり朝の寒さが気にならなくなりました。
実際に、あまり寒くはないのかも知れません。
(結構いつも体が熱い方ですので、気になっていないだけでしょうかcoldsweats01)

最近は手術ばかりしています。
特にこの1カ月半くらいは毎日手術をしていまして、気分転換や睡眠に特に気をつけています。
疲れた状態ではよくありませんからね。

そんなときに、またまた嬉しいことがありました。

このブログでパンの話題はやめようと思っているのですが、どうしても書いておかなければならないことがあります。(ちょっと大袈裟ですが)
・・・結局はこれからもパンの話題は尽きなそうです。

先日、清洲橋の江東区側に近いパン屋さんで、袋にいっぱい入った「パンの耳」を発見しました。
そのパン屋さんには時々行きますが、お徳用詰め合わせのようなものはこれまでも見たことがありましたが、パンの耳は初めてでした。

よく一斤入りのパンをカットしてもらうときに、「耳をつけますか?」と聞かれます。
サンドイッチの時のような細長いパンの耳ではなくて、側面の広いところの耳です。
僕はそこが大好きですので、当然返事は「耳はつけてくださいhappy01」です。
いや、むしろ、耳のところだけでもいいくらいです。

味が濃いというか、パンの味がよくしますから。

そのような中で、耳だけの袋を見つけたときの衝撃と、さらには、いっぱいなのに一袋50円だったことも衝撃でしたcoldsweats02。普通の食パンの耳とデニッシュの耳が入っていました。

耳だけの袋詰めはいくつかあったのですが、サービス品のようでしたし、ちょっと恥ずかしいという思いもあり、2袋だけにしました。

パンの耳のことは、よく食費を節約する話に出てきますし、カットの時も捨てる人がいるんだな〜という不思議な感じがありましたが、僕にとっては耳であろうがなかろうがパンはパンで、その違いは全くといってなく、ご飯とお焦げのような存在かも知れません。

特価ですと求めやすいのですが、あまりたくさん買いづらいので、困りものです。
本当に気になるものを見つけてしまいました。

新しい超音波検査装置

今日から院内には暖房を入れていますannoy
街行く人も厚着になりましたねhappy01

ブログでご紹介しました新しい医療機器2台が揃いました。

一つはデジタルレントゲンです。
レントゲンフィルムを使わずに、すべてモニタで診るようになりましたよ。
どうぶつのデジタルレントゲンシステムでは最も歴史のある富士フィルムメディカルという会社の製品です。

当院には2つの診察室があります。
レントゲン室で撮影した画像を、どちらの診察室からもみることができます。
撮影したX線画像にある臓器のサイズを計ったり、拡大したり、面積をはかったり、文字を書き入れたり、CDにして保存したりといったことが簡単にできるようになりました。
この画像をマウスで操作して拡大したり、回転させたりしますと、パソコンにご興味をお持ちの方々には好評です。
「何というソフトですか?」と聞かれることもあります。
ちなみにOsiriX(オシリックス)という名前のソフトですが、Macでしか使うことができません。
これだけでも話が盛り上がることがあります。
結構釘付けで画面をご覧になる方が増えました。
レントゲンフィルムを使っていた頃はあまりなかったことですcoldsweats01

レントゲン画像を診るソフトは、レントゲン画像だけではなく、CTの画像も、MRIの画像も診ることができます。
さらには、当院にあります新しく導入した超音波検査装置、いわゆるエコーの画像も診ることができますし、内視鏡の画像も管理できます。

今まで行ってきたレントゲンの現像装置のメンテナンスや、増え続けるレントゲンフィルムの管理から解放され、さらによくみえる画像で診療が可能になりました。

超音波検査装置は、動物用では最もよいと思われるアロカの製品です。


09110401

これも、これまでは全て専用の用紙にプリントして検査結果を保存してきましたが、レントゲン画像と同じソフトに保存できますし、CDやDVDでバックアップを取ることもできます。

何より、この2台の検査機器のよいところは、レントゲンにしても超音波にしても、どうぶつ達に優しい検査ができるところです。
麻酔も必要ありませんし、痛くもありいませんし、時間も短時間ですしdogcat

定期健康診断に血液検査などと一緒に取り入れてみると、さらに詳しいことがわかります。
健康診断はご希望を伺い、お勧めの検査項目をご紹介してご予約いただいております。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご希望の飼い主様には、受付で当院で可能な検査項目やそれに必要な時間そして検査費用のご案内のパンフレットをお渡ししております。ご遠慮なくお申しつけくださいね。

それでは今日もよい一日をお過ごし下さい。

イルミネーション

突然寒くなりましたねtyphoon
薄手のセーターではちょっと辛い日でした。

先日、ブログの更新が少ないのではないかとご指摘を受け、反省しつつ、毎日を目標に心機一転。
このブログをはじめて既に1年以上です。
せっかくの場ですから大切にします。

日本橋浜町ピーコック前のトルナーレFタワー前。
街路樹のイルミネーションが今年も始まりました。
(よくテレビドラマやCMで使われる場所です。)

1年間は早かったのか、遅かったのか。

よく、小さいときの1年と、年齢が進んでからの1年とは感覚的に違うと言われます。
小さいときの1年の方が長くて、年齢が進んでからの1年の方が短いと。
当然ながら24時間が365日という時間の違いがあるわけがなく、感覚の違いのようです。

代謝が関係すると言う人もいます。
小さいときは代謝が活発なので、時間が長く感じられるのだそうです。
逆に、代謝がゆっくりだと、時間の流れは速く感じるということです。

こんな実験をテレビで見たことがあります。

イスに座って時計を見ずに30秒経ったと思ったら手を挙げて知らせるというものです。
この場合と、同じ人がジムで運動をして汗をかいて代謝がさかんに行われているときに同じ実験をしていました。
何もしないでイスに座ったままだと30秒を短く感じ、運動の後で代謝が活発なときだと30秒を長く感じるという結果でした。

残念ながら、人の代謝はそのような感覚に違いがでるほど低下するものなのですね。

このようなことを書いておいて何なのですが、僕はこの1年は大変に長く感じています。
代謝は間違いなく落ちているのでしょうが、いろいろなことが濃密に過ぎ去り、それぞれに大きな思い入れを持って過ごしてきたのは間違いがなさそうです。
飼い主様との細かなお話や、手術時の感覚も、そしていろいろな出来事も、かなり新鮮に思い出されます。
寂しいお別れもありましたし、大変に多くの新しい出会いもありました。

イルミネーションは濃淡のブルーですshine
これを見る度に、この1年を振り返る、そのようなものになりそうです。

明日は、今日間に合わなかったこのイルミネーションの写真をアップしてみます。

皆様、外出時は温かくしてくださいねnight

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

iTune