« この薬は何のお薬? | トップページ | 冬支度 »

ラブ爺さん

また、今日も雨ですねぇ。
明日は晴れるようですよsun


プラス思考の方、マイナス思考の方、いらっしゃると思いますが、同じ物を見ても、物事について考えても、楽観的にとらえたり、悲観的にとらえたり。

ワンちゃんが、尾っぽをブンブン振って、喜びを体全体で表現しているときに、これを悲観的に捉えることはあまりないことだと思います。
しかしながら、黙ってじっとしているワンちゃんを見たとき、その子がニュートラルな状態だとすると、これはその姿を見る人によって、楽観的にも悲観的にも捉えられるかも知れません。
「今日は暖かくて気持ちがよい日だな〜」ともとれるかも知れませんし、「遊んでもらえなくて退屈だよ〜」ともとれるかも知れません。

物言わないワンちゃんだけに、飼い主様や周りの方々のとらえ方によって、楽しそうに見えたり、退屈そうに見えたりするかも知れません。

もしかすると、捉え方の違いは、その人のその時のお気持ちに近いものがあるのかもしれません。

往診先で紹介され、本を頂きました。

09111401


老犬の介護生活を明るく楽しく過ごされた方が書かれた本です。
サブタイトルには「あかるい老犬介護のすすめ」とあります。

タイトル 悪犬 ラブ爺の愉快な一生
著者   青木 かをり
文芸社  1500円+税

お気付きのとおり、ラブ爺はラブラドールです。
大型犬の老犬介護は本当に大変なことなのですが、あかるく、たのしく過ごされた日々が綴ってあり、読む方も元気になりますhappy01

帯にはこう書かれています。

老犬介護と言うと、ちょっと暗く辛いイメージがありますが、
我が家の、モットーは介護生活は明るく楽しく。
限られた時間なのですから、泣きながら過ごすよりは、
笑いながら過ごした方が良いではありませんか。
(一部抜粋)

生活環境やどうぶつ医療がよくなっていますので、年齢を重ねたどうぶつ達が増えてくると思います。
介護生活を多くの方々がご経験されることもあるでしょう。

その子と出会えたことは奇跡的な偶然かもしれません。
その出会いや、これまで過ごした時間を、介護生活で辛い思い出にしてしまうのは、お互いに望まないことでしょう。

明るく、楽しく。

介護生活に限らず、プラス思考、ボジティブ・シンキング、楽天主義、楽観主義。
どうぶつ達との生活が楽しく、明るく、続きますように。

« この薬は何のお薬? | トップページ | 冬支度 »

どうぶつ診療」カテゴリの記事

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

iTune