« 年始め | トップページ | 猫下部尿路疾患 »

あの頃

久しぶりに東京スカイツリーを見ました。
どんどん伸びますねhappy01
昨年の12月25日で254mあるのだそうです。
→東京スカイツリーのホームページ
東京タワーが333mとのことですので、もう少しで追いつきます。
さらには完成予定が634mとのことですので、まだ倍以上になるのですね。


去年の、特に後半は手術ばかりしていた印象があります。
年始から少し落ち着いていいたのですが、やはり診療が始まりますと増えてきました。
今日はネコちゃんの避妊手術がありました。

避妊手術はワンちゃんもネコちゃんも最も多く受けている手術だと思います。
僕自身も最も多く行っている手術です。

獣医師になってからのはじめの5年間は京都の動物病院で仕事をしていました。
そこでは毎日多くの手術がありましたが、集中的に手術をしていた頃は、1日に4件ほどの手術を毎日毎日やっていました。
その時は避妊手術が中心でしたが、単純計算ですが2カ月間でも100件以上の手術をしていました。

避妊手術の手術方法は同じですが、どの子も同じではありません。
脂肪の多い子や若い子、ある程度お年を召している子など。
血管の状態や臓器の状態も全く同じということはありません。
とにかくいろいろな手術をしました。

おそらく多くの飼い主さんは動物病院では日常的に避妊手術が行われていることをご存知だと思います。
それでも飼い主さんはきっとどなたでもご心配されて動物病院にお預けされていることでしょう。
当然のことですよね。
こちらもできるだけ安心していただけるように心がけますが、飼い主さんは手術前にはこれから行われる手術のことで頭がいっぱいかも知れません。
心からの笑顔になっていただくには、安全に手術を終えて元気な様子をみていただくに限ります。

全身麻酔から覚めるのは手術が終わってだいたい5分以内です。
そして、麻酔前に行う痛み止めが切れるのは、それぞれの子によるのですが、1時間から4時間です。

午後の手術の場合、夕方にはかなり元気になっています。
が、2-3日かけてゆっくりと調子を戻す子もいます。

ちなみに、今日の手術の子は終わると2時間もしないうちに元気に走り回っていました。
若さでしょうかねぇcoldsweats01

« 年始め | トップページ | 猫下部尿路疾患 »

どうぶつ診療」カテゴリの記事

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

iTune