« 休みらしい日 | トップページ | 銀座でコーヒーと言えば »

さすがのおばあちゃん

以前におばあちゃんと別れて暮らすことになるチワワちゃんのお話を書きました。
今回はその続きです。

数日前の雨上がりの夜に、おばあちゃんが来院されました。
受付から、おばあちゃんですよと、外来の知らせが届きました。
おばあちゃんと別れて暮らすことになるチワワちゃんの中国への渡航準備がまだ終わってはいませんでした。

前回のご来院のときにマイクロチップを挿入し狂犬病予防接種をしました。
今回は2回目の狂犬病予防接種の予定です。

前の来院のときにはチワワちゃんと別れることが辛いと号泣されていました。
今回も僕にできることは少ないけれども、おばあちゃんのお話をしっかりと聞かせて頂こうと思って診察室に入りました。

おばあちゃんは診察室に入るや否ややや口を尖らせながら、この子と離れないことにしたの。そう仰いました。
えっ?と思ったのは一瞬で、すぐに状況は掴めました。


おばあちゃんが介護施設に行くとのことで、これまで一緒に暮らしてきたチワワちゃんと離れなくてはいけなくなっていました。
おばあちゃんは介護施設へ、チワワちゃんはおばあちゃんの娘さんが暮らす中国へ海を渡って離れ離れの生活を始めることになっていました。
大変に心を痛めていらっしゃいましたが、そうすることが良いことなのだと自身を納得させるかのように、僕と看護士にいろいろなお話をしてくださいました。


もう施設には行かないの。
この子と離れることはできないもの。
施設に行かなければならないなら、いっそうのこと、この子と一緒に遠くへ行こうとも思ったの。

子供とは縁を切れても、この子(チワワちゃん)とは切れないもの。
そうお話されます。
当然ながら、お子様方はおばあちゃんの健康を案じてのご提案だったはずです。
そのことはご本人もよくわかっていらっしゃいます。


今お住まいのご自宅は古い3階建てなのだそうです。
おばあちゃんはそこでチワワちゃんと水入らずで6年以上も生活されています。
足腰が弱くなったおばあちゃんが、2階から1階へに移動されるのが特にお子様方の心配なのだそうです。
そのお子様方は遠くにお住まいですので、おばあちゃんに今後なにかあったら大変だからと施設での生活をお話になったようです。

結局、おばあちゃんは、ご自宅を改装されることになりました。
これで心配は少なくなるだろう。
笑顔でした。
チワワちゃんとの生活もこれからも続くことになります。

この日のおばあちゃんは、前回の涙されたときとは違って、いつものように饒舌でしたよ。
この日は毎月の予防のお薬を処方する日でした。
「また、来月来ますね」
そう言われてお帰りになりました。

僕はこのおばあちゃんの昔話が大好きです。
大戦のときのお話や、バレーボールで活躍されていた頃のお話、ご自身でお店をされていた頃のお話、旅行やお芝居を楽しまれたお話、などなど。

またこれからも聞かせてもらえます。
僕もこれからの楽しみが増えましたよ。
本当に本当に嬉しい出来事でした。

« 休みらしい日 | トップページ | 銀座でコーヒーと言えば »

どうぶつ診療」カテゴリの記事

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

iTune