« AOコース | トップページ | 晴耕雨読 »

イモ太郎

先日送られてきたレタスにアオムシが付いていました。
よく見る小さなアオムシではなくて、結構しっかりとしています。
レタスをよく食べて、排泄もしっかりです。

サナギになるまではお世話しようと、小さな虫かごを用意しました。
名前はイモ太郎
レタスと一緒に運ばれてきましたから、外に放つとエサを失います。
しかしサナギにさえなれば、あとはお世話の必要もないと考えました。

そこで、興味があるのは、イモ太郎は何の子?ということです。
蝶なのか蛾なのか。

調べてみますと、アオムシは蝶、又は蛾の幼虫ですが、区別が非常に困難です。
蝶は約280種類あり、蛾は2000種類ほどあるようです。

図鑑の写真の中から絵合わせで探すことは不可能に近いことです。
そこで、形ではなくて、エサで探すことにしました。
イモ太郎はキャベツではなくレタスに付いてきました。
キャベツはアブラナ科アブラナ属、レタスはキク科アキノノシゲ属の植物とのことです。

・・・レタスをエサにするのは基本的には蛾なのだそうです。
だいたい2種類が多いようです。
その蛾と思われるものを調べてみますと、写真の幼虫とそっくりです。
そして、昨日ついにイモ太郎はサナギになりました。

サナギになったイモ太郎を、例の蛾のサナギと比べますと、・・・やっぱりそっくりです。
どう考えても、イモ太郎は蛾です。

しかし、最初からサナギになるまでお世話する予定でしたから、近いところで、今後の生活の場所を考えなければなりません。
しかし、蝶とは違い、蛾は害虫にもなります。
うかつに離せませんし、かと言って、飼うことも、そして、・・・することもできません。
ちゃんとイモ太郎の幸せを考えないと。

いろいろと興味深いできとごでした。

« AOコース | トップページ | 晴耕雨読 »

どうぶつ診療」カテゴリの記事

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

iTune