« メジャーケース | トップページ | 内視鏡検査 »

マイナーケース

今日の東京はこのまま雨なのでしょうか?
七夕なのに。
夜には少しだけでも星空がみたいものです。shine


先日、突然に体調を崩したワンちゃんが連れて来られました。
お昼にはいつもと変わらない様子だったようですが、飼い主さんが夜にお仕事から帰られるとぐったりしていたとのことでした。
飼い主さんも、お心当たりがなく、なぜ突然に元気だった子がこのようになってしまったか、いくらか狼狽されていました。

このような場合、急変の可能性もあります。
まだ何も原因がわかりませんので、まずは基本どおりに身体検査から始めました。
ワンちゃんは自分でうまく立つことができません。
フラフラしています。
この子は当院に始めて連れて来られましたので、いつもどのような様子なのかがわかりません。
飼い主さんへの問診も大切なことです。

肺の音がおかしいいですし、舌の色もよくありません。
血圧はいくらかしっかりとしていますが、不整脈があります。
まずは循環器と呼吸器を調べる必要があります。

胸部のレントゲン検査を行いました。
・・・今回は、よくある病気(メジャーケース)か、めずらしい病気(マイナーケース)か。

巨大食道です。
治療が難しい、マーナーケースです。

巨大食道は、その名のとおりに、口から入った食べものや飲み物が胃に運ばれるまでの通り道、食道が太く大きくなってしまう状態です。
こうなると、食べたり飲んだりしたものが胃に入る前に、食道に留まってしまい、何かの刺激でそれらを吐き出してしまうことがあります。
吐き出したものは、そのまま口から出るとよいのですが、ときに肺に入ってしまうことがあります。
吸引性肺炎とか、誤嚥性(ごえんせい)肺炎などとよばれます。
これは命に関わることがある肺炎です。

食道の様子をしっかりと知るために、バリウムを飲んでもらって、再度検査です。
大きくなった食道がはっきりとわかりました。

ここからがスタート地点です。
巨大食道はレントゲンでわかりますが、わかりやすいわけではありません。
普通、食道は健康なものですとレントゲンではわかりません。
今回の巨大食道がわかりやすいものだったという偶然もあるのかも知れません。
そして、巨大食道を引き起こす原因は非常に多く、多岐にわたります。

神経・筋疾患
食道閉塞性疾患
中毒
その他

だいたい30-40ほどの疾患が巨大食道の原因になり得ます。
その中でも最も巨大食道を引き起こしやすいものは、重症筋無力症(Myasthenia gravis)とう病気です。
この病気が巨大食道の原因であれば、その50%ほどが治療に反応するというデータがあります。
しかしながら、それでも50%ですし、他の原因であれば、20%-46%ほどの快復率です。

この重症筋無力症を診断するには、アセチルコリンレセプター抗体値というものを調べます。
そのように、30-40もの病気の原因を一つ一つ調べることは容易なことではありませんが、身体検査や一般的な検査で除外できるものもありますから、できるだけ診断までの近道を進みたいところです。

飼い主さんは日毎に元気になるワンちゃんをみて、昨日ははじめて笑顔でした。
今は幸運にも治療に対する反応が良いですし、明らかに元気になっていますが、どこで変化するかがわからない怖い側面もあります。

この子に何が起こったのか。
どうなるのか。

飼い主さんが一番に気にされていることへの回答を早くご提示すべく、検査結果が待たれるところです。

お預かりから3日目ですが、かなり元気になりました。
はじめは横になったまま酸素マスクが必要なくらいだったのに。
よく頑張ったね。

今日も元気です。
ご面会の時の飼い主さんの笑顔がまたみられそうですよ。

« メジャーケース | トップページ | 内視鏡検査 »

こんな病気」カテゴリの記事

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

iTune