« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

宝物

先日知り合いから贈り物が届きました。

110330

以前に日本橋三越で ねこ展 があり、大盛況だったようです。
有名な写真家でいらっしゃる岩合先生の写真展です。
今度は いぬ展 です。

同じく日本橋三越で4月6日(水)から18日(月)まで。
新館7階のギャラリーだそうです。

今回の贈り物は知り合いの友人である岩合先生の写真展の案内ですが、驚くことに岩合先生からのサイン入りのものがありました。
To Dr.Sonoda と書いてありました。
以前からこの知り合いにはファンだとお話ししていまして、サインをもらっておきますねって言われてはいたのですが、まさかこんなに早くにいただけるとは思いませんでした。

当院には ねこ展 で購入したポスターを飾っていますが、もちろん いぬ展 も楽しみにしていますし、必ず行きます。
ねこ展 のときの様子ですと、初日から数日と週末は大変に混雑していたようです。
僕は少し経ってからの平日に行く予定です。それでも人は多いですけど。

大切な宝物がひとつ増えました。

ミネラルウォーター

都内の水道水でも基準値を上回る放射線量が観測されたとのことで、乳児には水道水を飲ませない方が良いというお知らせがありました。保健所では乳児のいる家庭にペットボトルの水を配っているようですね。

どうぶつはどうなのだろうかとのお問い合わせをいただきました。
正確なところは実はわかってはいません。
しかし、水道水の放射線量が多い場合にはできるだけ与えない方がよいと回答しています。
人でも影響が出るまでに10年ほどの期間がかかる場合がありますから、どうぶつも同じくらいの期間がかかるだろうと予想する人もいます。

ミネラルウォーターはどうぶつには良くないと聞くのですが。
そのような質問もあります。
特に軟水のナチュラルミネラルウォーターであれば問題ないはずです。

逆に少しだけ疑問があります。
ミネラルウォーター?
ペットボトルに入っていたり、スーパーなどで有料無料で配っている水の全てが同じミネラルウォーターと思われていはないだろうかという疑問です。

ナチュラルミネラルウォーター
ナチュラルウォーター
ミネラルウォーター
ボトルドウォーター

4つの分類があります。全ての違いがどれほど浸透しているのかは少し疑問です。

ナチュラルミネラルウォーター
特定の水源から採水された地下水で、地中でミネラル分が溶解したもの。濾過、沈殿、加熱殺菌以外の処理をしていないもの。

ナチュラルウォーター
特定の水源から採水された地下水。濾過、沈殿、加熱殺菌以外の処理をしていないもの。

ミネラルウォーター
ナチュラルミネラルウォーターと同じ原水で濾過、沈殿、加熱殺菌の他、オゾン殺菌、紫外線殺菌・ミネラル分調整・ブレンド等を行ったもの。

ボトルドウォーター
原水が地下水以外の水、あるいは地下水でも成分を大きく変化させる処理を行ったもの。処理方法に限定はない。

となっているようです。スーパーなどで配られている水や業者さんが配っているウォーターサーバーの上の大きなボトルの水などは濾過されてはいますが、元々は水道水というものも多いので、放射線量については不明というのが正しい答えかも知れません。

安心して水道水を飲める。
当たり前のことで有り続けて欲しいと願っています。

緊急連絡先

大きめの揺れがあり、利用者が急増しますと携帯電話の通話制限が行われるようです。
このまま収束に向かうと思っていますが、今回の地震と同様に、絶対はないだろうと思っております。

緊急時にお電話がつながり難いときのためにお使いいただくメールアドレスを載せておきます。

①診察券番号
②飼い主様のお名前
③どうぶつのお名前
④ご連絡先のお電話番号

上、4つの項目をお書き下さい。可能な限りお返事させていただきます。
nihonbashiah@gmail.com

申し訳ありませんが、当院をこれまでご利用になられていない方からのメールにはお応えができません。実際の診察をしない中での責任ある対応ができないためですので、どうぞご理解ください。

このまま何事もなく穏やかでありますように。

祈り

地震の影響はほとんどありませんでした。全くないと言ってよいほどでした。
大きめの揺れがありましたが、いつものようにすぐに治まるだろうと思っていました。

少し前にうちの動物病院が入っているビルのメンテナンスがあり、一部老朽化したところが見つかりました。ほとんど問題にならない程度でしたが、大きな揺れがあると何だか心配になってしまって、天井が抜けてしまわないか不安になりました。
そのときには入院用のケージはどうぶつ達で満室でしたが、しっかりとした造りですので、うちの動物病院ではそこが一番安全だったと思います。

外には隣のビルから出て来られた方々が大勢集まっていらして、女性の方々の中にはお互いに抱き合って揺れるビルを見ている方もありました。


テレビで見る被災地の被害状況がとても辛いです。
東京でもこの時期夜を外で過ごすことはできませんから、さらに寒いところで十分に暖房のない夜はどれだけ大変か。
まだ声の届かないところで救援を待つ方々はどうされているのか。
できるものなら行って何か力になれないだろうかと思います。

昨日テレビである避難所の様子を見ました。
被災後はじめての温かい食事があったのだそうです。
おむすびとお味噌汁。
筆舌に尽くしがたい恐怖と疲労と、そして寒さの中にもかかわらず、本当に素敵な笑顔で、ありがたい、安心する、温まる、と言いながら食事をとられる姿がとても印象的です。
僕の方が勇気をもらってしまいました。

首都圏では交通機関の本数制限で駅には長蛇の列があるようです。
インタビューを受けた男性が、「私達はただ並ぶだけですからいいですよ。被災地の方々を思えば。」とコメントされていました。

そして、今回の地震で海外の親戚からも心配のメールや電話をもらいました。
ヨーロッパの親戚も、アメリカの親戚も、テレビでは連日日本の地震の報道だということでした。
インターネットでも世界からの応援メッセージが日本に向けられてるのがありがたいです。
これまで僕がナショナリズムを感じるのは、サッカーの国際試合のときくらいでしたが、今回はまた違った意味で大切にしたい思いがあります。
そしてまた世界の人々の温かさがこんなにも嬉しいものだと実感しています。

減る人口、低迷する景気、そして大災害。
そこに集まる国内からの、そして世界からの応援メッセージ。

戦後の復興については歴史として知る程度ですが、今回もこの日本の底力に希望があります。

被災地の方々を思い祈ります。

タコベル

暖かくなるのかな?と思うと、また寒くなりましたね。
snow冷たい雨が雪に変わって。
でも、東京マラソンの日ではなくてよかったです。
毎年ランナーの皆さんが寒そうに走り過ぎていくのが気になっていました。
東京マラソンの日に天気が良い日がない気がしていましたから、今年はラッキーでしたね。


先日ワンちゃんの飼い主さんに勧められてDVDを借りて観ました。
アメリカンフットボールのスタープレイヤー、マイケル・オアーについての実話である しあわせの隠れ場所 というタイトル。

よい話です。
まだスポーツの才能が開花する前のマイケルがある家庭に引き取られる話があります。
この家庭は4人家族で、お母さん役がサンドラ・ブロック。
彼女の積極的な優しさもですが、家庭全体で一つになって彼を受け入れる姿に感動します。
この家庭なくしては彼の才能は芽吹くことすら無かったかも知れません。

マイケル・オアーそのものよりも、彼を快く受け入れた家族に感銘を受けました。
ホッと温かくなる映画です。

その中にちょっと気になる映像がありました。
タコベルです。
アメリカのファーストフードのチェーン店で、タコスがメインです。

この映画を観て、日本にはタコベルはないのだろうかとネットで探してしまいました。
タコスが好きで時々作ります。
近くのスーパーにもなぜが材料が一揃え置いてあります。
僕はタコスが好きなので嬉しいことなのですが、あまり多くの方が買われるとは思いませんので、本当になぜか置いてあるといった印象です。happy01

残念ながら日本にタコベルはなさそうですが、またタコスを食べたくなりました。
挽肉にタコミックススパイスをかけて調理しますが、そのときに部屋いっぱいに広がる香りが何とも言えません。一気にメキシカンな感じです。メキシコに行ったことはありませんが。coldsweats01

近日、タコスについてブログでアップできそうです。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

iTune