« 緊急連絡先 | トップページ | 宝物 »

ミネラルウォーター

都内の水道水でも基準値を上回る放射線量が観測されたとのことで、乳児には水道水を飲ませない方が良いというお知らせがありました。保健所では乳児のいる家庭にペットボトルの水を配っているようですね。

どうぶつはどうなのだろうかとのお問い合わせをいただきました。
正確なところは実はわかってはいません。
しかし、水道水の放射線量が多い場合にはできるだけ与えない方がよいと回答しています。
人でも影響が出るまでに10年ほどの期間がかかる場合がありますから、どうぶつも同じくらいの期間がかかるだろうと予想する人もいます。

ミネラルウォーターはどうぶつには良くないと聞くのですが。
そのような質問もあります。
特に軟水のナチュラルミネラルウォーターであれば問題ないはずです。

逆に少しだけ疑問があります。
ミネラルウォーター?
ペットボトルに入っていたり、スーパーなどで有料無料で配っている水の全てが同じミネラルウォーターと思われていはないだろうかという疑問です。

ナチュラルミネラルウォーター
ナチュラルウォーター
ミネラルウォーター
ボトルドウォーター

4つの分類があります。全ての違いがどれほど浸透しているのかは少し疑問です。

ナチュラルミネラルウォーター
特定の水源から採水された地下水で、地中でミネラル分が溶解したもの。濾過、沈殿、加熱殺菌以外の処理をしていないもの。

ナチュラルウォーター
特定の水源から採水された地下水。濾過、沈殿、加熱殺菌以外の処理をしていないもの。

ミネラルウォーター
ナチュラルミネラルウォーターと同じ原水で濾過、沈殿、加熱殺菌の他、オゾン殺菌、紫外線殺菌・ミネラル分調整・ブレンド等を行ったもの。

ボトルドウォーター
原水が地下水以外の水、あるいは地下水でも成分を大きく変化させる処理を行ったもの。処理方法に限定はない。

となっているようです。スーパーなどで配られている水や業者さんが配っているウォーターサーバーの上の大きなボトルの水などは濾過されてはいますが、元々は水道水というものも多いので、放射線量については不明というのが正しい答えかも知れません。

安心して水道水を飲める。
当たり前のことで有り続けて欲しいと願っています。

« 緊急連絡先 | トップページ | 宝物 »

どうぶつ診療」カテゴリの記事

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

iTune