« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

ギャラリー おかりや

昨日、水曜日の休診日に銀座のギャラリーに行きました。
場所は銀座4-3-5銀座AHビルB2Fです。
関 紫芳 展がありました。
ご縁ありましてご紹介いただいた展示です。

どのような内容のものかを説明するのは難しいものですね。
書道と言えば書道なのですが、どちらかと言いますと、「書」という感じです。
一文字の漢字に思いを込めて、その漢字を筆で書かれているのですが、その思いを表現してあるもので、作品からは何の文字が書かれているかはわかりません。
絵とも違います。

その作品を見て、漢字を知っている人であれば、何の文字だろうか?から入るので、日本国内よりもむしろ海外での展示が多かったのだそうです。先入観の無い方々はすんなりと作品を受け入れられてきたのかも知れません。

その中の一つの作品。
入り口近くの第一番目に展示してあった作品に目がとまりました。
「希」であるという作品には、強い希望はかなうのだという思いが込められていたと思います。
あきらめずに思い続ければ、その思いにまっすぐであれば、必ずや思いは現実のものになる。
大変によくわかります。
途中で思いが弱くなったり、他にそれたりしますと、決してなかなわないだろうと簡単にわかりますが、思い続けられるものはやはりかなうのだと実感しています。
この書には僕が日頃思っていることと共感する思いを感じました。

忘れないように購入しようかと思いましたが、今はまだ手が出ません。
この思いも持ち続ければ、いつの日にか。

よい休日を過ごすことができました。

4周年

4月9日で当院も4周年を迎えることができました。

これまでいろいろなどうぶつ達との出会いがあり、多くを学ぶことができました。
開院からこれまででの変化で大きいものは手術の内容が一番かも知れません。
特に整形外科の手術は数が多くなっています。
骨折の整復手術、膝蓋骨脱臼の手術、大腿骨頭切除手術、椎間板ヘルニア手術。

うちは専門科のどうぶつ病院ではありませんので、かかりつけとしてご利用いただいています皆様の診察を行っています。そのような中ではできることを増やすことが、皆様に貢献できるものではないかと考えています。
特に整形外科では手術のために準備しなければならない医療機材は高価な物が多いですし、手術のためのトレーニングも必要です。いろいろな理由から、整形外科的な手術が必要などうぶつを手術が可能などうぶつ病院へご紹介することはある程度行われていることです。

この4年間で医療器機もかなりの物がそろいました。
多くの手術を実施するには、さらなる拡充が必要です。
これからの1年間もさらに上を目指していきたいと考えています。

正しいことを正しく行えるように。

今後もどうぞ皆様のご指導をよろしくお願い申し上げます。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

iTune