« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

退院します -柴犬の出産-

先月院内で出産をした柴犬がいます。
飼主さまのご都合で、1か月と少しお預かりをいたしました。
誕生の日から1か月と10日間。
お母さん犬がとてもよくお世話をしたので、ムチムチのとてもかわいらしい子に成長しました。
そしてとうとう明日に母子ともに退院します。

14082502

初産だったお母さんにとって、赤ちゃんが1匹だけだったのは幸いだったのかも知れません。
毎日お乳をあげて、体中をせっせと舐めてあげて、鳴き声がするとすぐに飛んで行って、そしてここまで大きく育て上げました。

飼主さまはご高齢でいらっしゃって、他にも柴犬を飼われています。
予定外の出産でしたので、ある程度長めにお預けを希望されました。

生まれた直後にご面会にいらっしゃって、目を細めて笑顔で会っていかれました。
その後も何回かこられて、お電話でもどうしていますかとのお問い合わせがあり、それに応えながら。

それにしてもよくここまで育てたものです。
はじめは目も見えない耳も開いていない仔犬でしたが、今ではすっかり小さな柴犬で、赤ちゃんというかんじはなくなりました。
お母さんのご飯も奪い取って食べてしまうこともあります。

いなくなると寂しくなりますが、これから暮らして行くお家に帰って行く訳ですので、おめでたいことだと歓迎しなければなりませんね。

本当は明日だけど。
退院おめでとう。

14082501

-お知らせ-

先週末の16日(土)、17日(日)は寒いくらいの朝を迎えましたが、また暑くなりましたねsun
ブログのデザインもかき氷から変更しようかと思っていましたが、しばらくはこのままにすることにしました。

お知らせがあります。
--------------------------------------------------------------

9月4日(木)の午後から9月9日(火)まで園田が不在です。
--------------------------------------------------------------
その間は代わりの獣医師による通常どおりの診療を行います。

米国アイオワ州立大学で行われます骨折手術のコースに参加します。
→参加するコースの詳細へのリンク
今回は手術もたくさんありますが、手術計画や手術後の検討会も多く組んでありますので、討議に積極的に参加したいと思っています。

多くのこのようなコースには参加定員が書かれていますが、はじめのコースの定員は見つけることができませんでした。
7日と8日にコースでは26名の定員となっています。
講師の教授陣がこの世界でとても有名な方ばかりですので、ある程度の数の獣医師がいろいろな国から集まるのではないかと思っています。

そして僕を除く全員が獣医外科の専門医のはずです。
日本には獣医外科の専門医という制度がありません。
国内の個別の団体にはあるようですが、諸外国のようなものではありません。

このことを話すといつも外国の獣医外科専門医には日本の現状を低くみられる気がするのですが、仕方がないことです。
まあ、志を一緒にしているいろいろな国の獣医師と学べる機会があるので、幸運だと思っています。いつもの図々しさをもって決して流暢ではない言葉でもどうにかなるものですので、緊張しながら学んでこようと思っています。

留守中はご迷惑をおかけいたします。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

iTune