« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

よく頑張ったね -肝臓の病気からの回復-

新緑がきれいで、エアコンがいらない季節。
今日は休診日なので、外来もありません。
入り口の扉を大きく開いたまま、院内の空気を入れ替えながら休みの日にしかできない仕事をしています。

とても小さなときから当院をかかりつけとして頂いているワンコがいます。
診察台の上に乗ると、コロッとお腹を出して尻尾を元気よく振ってくれます。
ここ1年程は心臓の病気の治療をしていました。
状態は落ち着いていて特別な症状はありません。
ちょうど1週間程前に、突然来院されました。

いつもは心臓のお薬が切れるころに診察にいらっしゃいますが、今回はタイミングが異なりました。

元気がなく、全く食べない。何回も嘔吐してしまう。
ワンコを診察台に乗せてながらお母さんはお話しくださいました。
その日はお腹を見せる元気はなさそうです。
もちろんのこと、尻尾を振ることも、立ち上がることもできません。

いくつか検査をします。
相当に深刻な状態であることは見てすぐにわかりましたし、お母さんもそう思われているに違いありませんでした。
まずは血液の検査、少し腫れているように見えるお腹をみるためにレントゲンの検査を行いました。

血液検査の結果でわかったことは、重い肝臓の病気でした。
黄疸も見られましたから、肝臓と胆嚢をみるために超音波検査(エコー)を行いました。
やや大きくなった胆嚢が見られました。
胆嚢は一度病的に大きくなると、小さくは戻らないものです。
そして胆嚢粘液嚢腫とよばれる病気になると手術が必要です。
肝臓には癌は見られませんでした。

とりあえずは、手術ではなく薬を使って治すべき病気でした。

胆嚢の病気はなかなか超音波では細かなことがわからず、早急に手術を行わないと手遅れになることがあります。
それだけは避けたいので、細かな異常も見逃さないように慎重に検査をしました。
胆嚢破裂も開いた穴が小さいと、しばしば超音波検査で見過ごされてしまうこともあります。
そんな所見は本当にないのか、少しばかり時間をかけて調べました。
大丈夫でした。

少なくとも、そのまま治療してまた明日、というような状態ではありません。
立てませんし、食べられませんし、嘔吐があります。
いつもの元気は全くなく、そのまま...ということもありそうな状態です。

入院して治療をすることにしました。

この子はまだ小さな仔犬だったころから通って来られているワンコです。
お母さんも、お嬢さんも、お父さんも皆さんとてもかわいがっていらっしゃっいます。
お嬢さんはまだ小さくて小学校に行かれている頃から知っていますので、今回の入院の面会の中で、お母さんと「明日は仕事だから」と話をされていて、もう社会人になられていることには驚かされます。

危ない状態には違いありません。
できるだけのことをしますね。
そう約束して入院治療を始めました。

ほぼ毎日のように面会に来られ、良いとき、悪いときを見られました。
朝には立てないくらいに横たわっていても、夕方には立ち上がって元気よくお肉を食べたりして、様態の変化がなかなか読めません。

毎日検査をしていた血液検査の結果は日々よくなって、5日目には数値からするとこのまま一気に回復しそうなところまできました。

お父さんはよく海外にお仕事に行かれます。
この入院期間中もそうでした。
このワンコの生命が危ないことはお知らせされているようでしたが、どうにか帰国されるまで頑張って欲しいと言うのがお母さんとお嬢さんの願いでした。
もちろん、僕もどうにうかお父さんに会って欲しいと願っていました。

僕たちの心配をよそに、調子が良い日が続くようになり、一時帰宅してみましょうかと相談できるところまで回復しました。
黄疸はなく、嘔吐も無く、食欲がでてきて、トコトコ診察室を歩き回り、出口の方に向かってワン!ワン!と元気よく吠えるようになりました。

そして昨日退院しました。
まだ治療を続けなければなりませんが、入院管理の必要はなくなりました。
そして今日はお父さんが帰国される日。
メールや電話でのやり取りだけで心配されていたと思います。

お年をとったワンコですが、よくあの危機から脱しました。
入院途中で一時帰宅した時には、元気を取り戻したかのようになっていましたので、またご家族全員が揃うことでさらに回復してくれるのではないかという期待があります。

僕は診断、検査、治療を考える立場にありながら、やっぱりメンタル面のケアがどれだけ大切かと思うと、結局のところ、そこが最も大切なのかもしれないと思うことがよくあります。
もちろん、獣医学的な治療、検査を置いて、メンタルだけでどうにかなるとは思いませんが、大切な要素であると考えながら治療にあたっています。

まずはお父さんとの再会は果たせたはずです。
そして一緒の生活はまだまだ続くはずです。

ワンコさん、本当によく頑張ったと思います。
僕も少し落ち着きましたので、こうしてブログのアップができました。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

iTune