心と体

夜中の貴重な体験

だんだんと寒くなってきましたね。
11月というと晩秋でしょうか、初冬でしょうか。

ところで私事ですが、少し前に大変貴重な体験をしました。
夜中に背中に激痛が走り、寝ていられないどころか、立つことも座ることもできない状態になりました。その痛みは突然に襲ってきたわけではなく、鈍い痛みからだんだんと強くなってきた感じでした。最終的にこの痛みは鋭いと表現するようなものではありませんでしたが、ちょうど左の背中のベルトの上あたりに名刺のサイズくらいの面積に何とも言われないほどの痛みがありました。

以前に健康診断でシュウ酸カルシウムが反応しているとの結果をもらったことを思い出し、これは腎臓の痛みで、原因はシュウ酸カルシウムによるものだろうと推測してみました。

とりあえず、このままでは翌日の仕事に差し障りがあると思い、夜中でしたがどこか病院に行かなければと脂汗をかきながら考えていました。
痛みがはじまったのが夜中の3時30分頃。どうにもならなくなったのがそれから1時間後の4時30分頃。
救急車を呼ぶべきか、イヤ、救急車もすぐには来てくれないほどに忙しいはずだと思い、まずは#7119に電話をしました。
救急車を呼ぶべきかを訪ねる電話番号です。
自らが出した診断名が的確かはそのときには定かではありませんが、一応こう思っていますと伝え、すると3件ほどの病院を紹介されました。
言われたとおりの順番に電話をかけてみると、驚いたことに、全てに断られました。

なるほど、こう言うことなのか。
演技でも何でもなく、本当に息も絶え絶えで電話をかけているにも関わらず、こうやって運命は分かれて行くのかも知れないと思うできごとでした。
ならば自分で探すほかないということで、近くにあるERを調べて電話をかけました。
症状を伝え、来てくださいとのこと。
まずはタクシーを捕まえてERまでやっと到着。
タクシーの中でも後部座席から助手席の背もたれにしがみつき、運転手さんとも最低限の会話しかできなく、やっとの思いで受付までたどり着けました。

受付カンターではハガキほどの紙に名前や住所やらを書くように言われましたが、そのような状況で書けるはずもなく、申し訳ないが書くことができませんと床にうずくまってしまいました。

受付の後ろにある車いすを使っても良いと言われましたが、人は座ることもできない状態というものがあるのですね、とてもそれを使って何かが好転するとは思えず、遠慮しました。

受付には数名の患者がいましたが、察するに、僕のように立つこともできず、声を出すこともできないもちろんじっとしていることもできないほどの人は見あたりませんでした。
日中は混雑しているはずの受付も、早朝5時ではほとんどが空席で、長椅子に横になり、順番を待ちました。

その間ももがき苦しみ、七転八倒とはこのような状態なのでしょう、床をのたうち回りたくなるような痛みと格闘していました。

冷酷にも、ただいまの待ち時間というモニタには約1時間と表示されています。
こみ上げてくる胃液は間違いなく絶望と痛みによるもので、吐出さえしませんでしたが、寸でのところではありました。

ようやく名前が呼ばれ、まるで這うように診察室にたどり着くと、女医先生が大丈夫ですか?との問い。
とりあえず思うことを述べますと、ベッドにうつ伏せになってくださいね、エコーで腎臓を見てみますと。
お腹を抱えるようにしか体勢を保てないなかで、どうにかベッドにうつ伏せますと、頭はこっちなんですよね、と逆方向にうつ伏せるように指示され、こんなことも困難になっている自分が情けなくなるくらいでした。

あった!腎臓に石がありますよ。
それははじめからわかっていたじゃないですか、先生。
それを知りたかったのですか。
とは言いませんでしたけど、心の裡はそのようなものでした。

結局石が排泄されるまで待つしかなく、その間に起こる痛みは痛み止めで耐えるしかない。
まあ、そんなものとは知りながら、痛み止めの処方のためにどれだけの時間を費やしたのか。

しかしそれは仕方がないことだと思います。
誰もがこの痛みを正体をはじめから知っているわけではなく、違うものであれば違う治療法が提案されるはずですし、患者が自由に処方薬を使うとなりますと、おそらくは間違った考えから事故も起こりかねない。
だからお医者のような専門の先生が存在する。

薬を投薬され、ベッドを用意しますから寝ていってくださいと、まだ激しい痛みはありましたが診察が終わり、薬も入った後でしたので、この痛みから解放されるのももう少しだろうとやや期待をしながら病院のベッドで休みました。

病院を出る頃、だいたい朝の8時前くらいでしたが、どうにか思うように歩けるようにはなっていて、岐路につくタクシーでは運転手さんとも何気ない会話もできました。

普段はあの女医先生の方にいるわけですが、自身が逆の立場に置かれてみると、いろいろと興味深い心境になるものでした。
とても貴重な体験は、夜の救急外来の体験だけではなく、痛みについてもまた然りでした。

だれが言ったか、この痛みを、陣痛と並ぶ人が体験する3大激痛のひとつと表現する人もいるようです。
インフルエンザでも高熱でも、あまりパフォーマンスを悪くはしてこなかったのですが、この痛みの前には平然としていることは難しいものでした。

まだ問題が解決したわけではなく、これからもいつ襲ってくるかわからない激痛の心配があります。今は堪え難い痛みでもすぐに解決してくれる薬を持っていますから大丈夫です。おそらくは次に痛みが襲ってきても、前よりはもっと平然と振る舞えそうな気がします。
普段の仕事に直結する、そしてとてもよい体験でした。

祈り

地震の影響はほとんどありませんでした。全くないと言ってよいほどでした。
大きめの揺れがありましたが、いつものようにすぐに治まるだろうと思っていました。

少し前にうちの動物病院が入っているビルのメンテナンスがあり、一部老朽化したところが見つかりました。ほとんど問題にならない程度でしたが、大きな揺れがあると何だか心配になってしまって、天井が抜けてしまわないか不安になりました。
そのときには入院用のケージはどうぶつ達で満室でしたが、しっかりとした造りですので、うちの動物病院ではそこが一番安全だったと思います。

外には隣のビルから出て来られた方々が大勢集まっていらして、女性の方々の中にはお互いに抱き合って揺れるビルを見ている方もありました。


テレビで見る被災地の被害状況がとても辛いです。
東京でもこの時期夜を外で過ごすことはできませんから、さらに寒いところで十分に暖房のない夜はどれだけ大変か。
まだ声の届かないところで救援を待つ方々はどうされているのか。
できるものなら行って何か力になれないだろうかと思います。

昨日テレビである避難所の様子を見ました。
被災後はじめての温かい食事があったのだそうです。
おむすびとお味噌汁。
筆舌に尽くしがたい恐怖と疲労と、そして寒さの中にもかかわらず、本当に素敵な笑顔で、ありがたい、安心する、温まる、と言いながら食事をとられる姿がとても印象的です。
僕の方が勇気をもらってしまいました。

首都圏では交通機関の本数制限で駅には長蛇の列があるようです。
インタビューを受けた男性が、「私達はただ並ぶだけですからいいですよ。被災地の方々を思えば。」とコメントされていました。

そして、今回の地震で海外の親戚からも心配のメールや電話をもらいました。
ヨーロッパの親戚も、アメリカの親戚も、テレビでは連日日本の地震の報道だということでした。
インターネットでも世界からの応援メッセージが日本に向けられてるのがありがたいです。
これまで僕がナショナリズムを感じるのは、サッカーの国際試合のときくらいでしたが、今回はまた違った意味で大切にしたい思いがあります。
そしてまた世界の人々の温かさがこんなにも嬉しいものだと実感しています。

減る人口、低迷する景気、そして大災害。
そこに集まる国内からの、そして世界からの応援メッセージ。

戦後の復興については歴史として知る程度ですが、今回もこの日本の底力に希望があります。

被災地の方々を思い祈ります。

雅印

昨日の休みには、久しぶりにリフレクソロジーを受けに行きました。
完全な隠れ家的なところで、普通には受けることができません。

リフレの先生は、字手紙の先生でもあります。
先日うちの看護士が、この先生から1冊の本を借りてきました。
(看護士の一人もこの先生にリフレをお願いしています)
この本は字手紙の本でした。

先生が字手紙をされているのは知っていましたが、具体的に本で内容を知ると、自分でも書いて見ようかと思いはじめました。

すると、リフレして頂いた後に、フレッシュミントティーを頂きながら、字手紙の話になりました。

すると、僕が何も持っていないとわかってから、先生がいろいろと書道用具を詰め合わせとしてくださいました。
その他に僕が用意すべきは雅印だけです。

消しゴムで作ることができますよhappy01と教えていただいたのですが、その後で、朱泥の油で長く使っていると、ゴムが劣化しますよ。とも。

形から入る僕は、本物の雅印が欲しくなりました。
しかも手作りをしたくなりました。
そこで、石と印刀などの道具をネットで注文してみました。

看護士にはいつ作るんですか?と聞かれましたが、確かにそれは自然な疑問でした。

雅印用の青田石などを10本ほど注文しましたし、それ以前に先生に書道用具をしっかりとセットでいただきましたから、字手紙をしっかりと楽しもうと思っています。

たまには頭にいつもと違うものを入れてみるのもよいかもと思っています。
完成したらこのブログでご紹介いたしますね。

病院めぐり

天気の良い水曜日。
休診日を使って僕自身の病院をいくつか巡ってきましたcoldsweats01

どこも気になることはないのですが、遅ればせながら季節性のインフルエンザワクチン接種と、歯科検診と、健康診断書をもらいに行ってきました。

季節性のインンフルエンザワクチンはすぐに接種して頂きました。
ヒトのワクチンは0.5mlなのですね。
犬猫さん達は1.0mlです。
ヒトの腕の皮下組織は犬猫さんに比べて多くはないので、0.5mlは優しい量かもしれませんね。

歯科検診ははじめて行くクリニックです。
どこも痛い歯はないのですが、健康診断書をもらったクリニックに、その歯科クリニックの案内があったのでついでに。
保険証もあるし少しだけですが時間もありましたので。
初診ということで、歯のレントゲン検査。
デジタルで液晶モニタにすぐに出てきました。
(当院のものに似ています。)
そこでも特に異常なしとのことで、歯石を取って頂き、さらに磨き。
良かったです。
スッキリしましたよ。

健康診断書は獣医師が使う薬の免許更新に必要です。
全ての薬に許可が必要ではありませんが、一部の薬を使うには毎年更新しなければならない免許が必要なものもあります。
これは都庁で手続きをします。

休診日ではないとこのようなことはできませんので、一気に済ませました。

やはり、自分で病院に行きますと、いろいろなことを考えさせられますね。
ここが良いとか、こんな感じにするともっと良いとか。
おそらくは周りの方々とは違う視点で見ていますね。

いろいろと勉強にもなった病院めぐりでした。

生活習慣

古くは成人病と言われていたもののようですが、今は成人に限らないということで、生活習慣病と言われますね。

最近、腫瘍の摘出を多く行っております。
癌(悪性新生物)はヒトではどれくらい多いのかを厚労省のホームページで調べてみたのですが、そこで気付くことは、ヒトの生命を脅かすものとしては癌だけではなく生活習慣病もかなり大きな割合を占めていると言うことです。

これはどうぶつにも当てはまるのかも知れません。

肥満傾向にあるワンちゃんが増えています。
飼い主さんからの「うちの子は肥満ですか?」
という質問に対しては、あまり痩せさせるためのお話はしない方かもしれません。

自分自身があまり食事制限が好きではなくて、おいしい物を食べることが楽しみですので、同じように、健康に問題がない範囲では減量よりも体重の維持をお勧めすることが多いです。

以前にも体脂肪率を測定して、体重だけではなく、体脂肪率で肥満度を測定することをブログでご紹介いたしましたが、これもよい方法だと思います。
見るからに肥満と言う場合を除きまして、隠れ肥満を見つけることができます。

生活習慣を言いましても、なかなか難しいのは、ワンちゃんやネコちゃんが、自分で食事を作るわけでもなく、買ってくるわけでもなく、そして冷蔵庫を開けるわけでもありません。
目の前に出されるから、それを食べるだけです。

しかし、これはちょっと厳しい意見かもしれません。
かわいい瞳に見つめられますと、毎回「我慢!」とはいきませんからね。


先日、あるワンちゃんの飼い主さんが、去年からマラソンを始められたと教えて下さいました。
もう1年以上続けていらっしゃるようです。
「ほら」と、ふくらはぎを見せてくださいましたが、いわゆるシシャモのようなふくらはぎでした。

マラソン大会にも参加されるとのことで、フルマラソンの経験もお持ちのようです。
今年はサンフランシスコで開催されるレディースマラソンに参加されるということでした。

別れ際に、「ブログ見てますよ。先生もパンがかり食べていないで、マラソンでもどうですか?」と、僕の生活習慣を指摘されました。

もっともなご意見です。
反省。
これからの季節はワンちゃんの散歩も、また、ヒトはヒトで、ジョギングやマラソンも楽しむにはよい季節ですね。

明日から少しの間は天気が崩れるということですが、それ以降は秋晴れの気持ちの良い日を期待したいところです。

大人買い

穏やかな日が続きますねsun


駄菓子屋さんで、駄菓子を1個2個と買うのではなく、箱買いすることを大人買いと言ったりするようですね。

今回は僕も大人買いしてみました。
駄菓子ではないのですが、1個ずつだと結構するのですが、4つまとめて買うとお得だったので思い切ってみました。

09043001

空気清浄機です。
今日の午前中に4台届きました。
実は、この空気清浄機は自宅で何年も使っている物です。
フィルターを使わないタイプです。
しかも、電気代が1日使いっぱなしで5円ほどだそうです。
4台を無休で試用しても1カ月の電気代は600円ほど。
体にも、お財布にも優しい買い物ですhappy01

今回は受付、診察室、処置室、入院室にそれぞれ置きました。

09043002

この青いランプもおしゃれです。

ちょっと気になるのは、空気清浄機を置くことで、受付のアロマの香りが薄くならないかということです。
香りもあって、空気もきれいにできると言うことないのですが、どうなるでしょうか。

ユーカリラディアータ

花粉症で辛かったので耳鼻科で薬を頂いたら、すっかりよくなりましたhappy01
局所のステロイドと、抗ヒスタミン剤などです。

自身で体験してみると、なるほど、ヒトには抗ヒスタミン剤はよく効くものだとわかります。
しかしながら、ワンちゃんの痒みには、少なくとも抗ヒスタミン剤単独では効果がないという根拠が既にわかっています。
ワンちゃんにも、僕に効いたように抗ヒスタミン剤が効くといいのですけどね。

今回、花粉症のお話をしていたら、いつも院内で使っているアロマオイルをお願いしてる先生に、呼吸が楽になるとのことで、ユーカリラディアータの精油をご紹介していただきました。

09031701

マスクにつけておくと良いと教えていただきました。
そのまま香りを楽しんでもよさそうです。

アロマオイルは薬ではありませんから、効能を記すことはできません。
体験談としましては、ミントのようなメンソールのような感じで、呼吸が楽になりました。

ここに一つ問題があります。
ユーカリのオイルは、時にワンちゃんを興奮させることがあります。
特に体が弱っている時などは、興奮によって状態を悪化させることがあるようです。
そのような理由から、このオイルは院内では使わないでおこうと考えております。

花粉症でお悩みの飼い主さんも多くいらっしゃるようです。
どうぞ、ご参考にしてみてくださいね。

体験記

去年まではあまり気にならないほどだった花粉症の症状が、今年はかなり目立ってきました。
症状は日中はあまり気にならないことも多いのですが、明け方近くに現れます。

そのような訳で、何か良い薬を探そうと、昨日ドラッグストアに行ってみたのですが、なかなかよい成分が入った物がありません。

残念ながら、市販薬で済むならば病院は必要ないわけです。
お医者さんに診察・処方されて、薬剤師さんに調剤されたものであれば、最も治るのに近いものです。

いつもはどうぶつを診察させて頂く側ですので、される側で病院の中を見ますと、いろいろなことに気づかされます。本当に勉強になりました。

花粉症だと思っていても、本当にそうなのかは検査をしないとお医者さんでもわかりません。
例えば、花粉症だと思っていても、季節の変わり目にでる鼻炎かもしれません。
また、たとえ花粉症だとしても、スギ花粉が原因なのか、加えてヒノキの花粉も関係しているかは、血液検査なしではわかりません。

僕の体験上、お医者さんにできるだけ自然に症状をできるだけ詳しく提供することで、お医者さんは診断がしやすくなるのではないかと考えます。

逆に、診察し辛い出来事としましては、患者が自分の病気はこれこれに違いないと、例えばインターネットなどで思い込みを深くしている場合でしょう。

そうであればよいのですが、そうではなかった場合には、「その病気ではありませんよ」と、違うことを証明する必要もでてきます。

僕の場合は、とにかく症状をすべて話すことだけに気を配ります。
自分の思う病気に近づけるために、症状に偏りがあると、見方を誤ることがあります。
自分の思った診断をして欲しいわけではなくて、単純に自分が思ったものではなくても正しい判断をして欲しいですから。

花粉症は、花粉が飛散しなければ関係のない病気です。
もうちょっとの辛抱でしょうね。

レーシック

休診日ということで、午後に予約をしていた聖路加国際病院へ行ってきましたよ。
実は近視を手術で治療してみようと考えて、レーシック(LASIK)の初回検査と手術についてのお話を聞きに行きました。

3時の予約から、終わりは5時までの2時間かかりました。
待ち時間はほとんどありません。
検査と説明でほぼ2時間でした。

結論としましては、手術はすぐには受けません。
眼科医の先生のお話ですと、手術後は入院の必要はなく、そのまま帰宅できるのだそうです。
しかしながら、「手術日を含めて、3-4日間は仕事はできませんよ」とのこと。
理由は術後の目の痛みだそうです。
僕の方に急な手術が入るかもしれませんし、これまでも3-4日も休んだことはありません。
ここ7-8年の中では長くても2日くらいですね、休んだのは。
少なくともすぐは不可能です。

普段はハードコンタクトをしていますので、矯正後の視力は左右共に1.2あります。
これがコンタクトをしなくてもそうなればいいな〜という軽い発想でした。

今回は、手術についての説明をされる側でしたので、そのあたりも興味深かったですね。
聖路加では基本的にLASIK(レーシック)は勧めていませんでした。
LASEK(レーゼック)でもなく、PRKという手術を勧めていました。

おもしろかったのは、このPRKという手術は、最も古い手術方法だということです。
と言いましても20年の歴史はあるようですが。
そして、もっともシンプルな術式です。
結局は僕が行う手術もそうですが、いろいろな術式がある場合には、最も症例数が多く、そして、もっともシンプルな術式のものが、結局は最も成績がよかったりします。

そのことを、聖路加の先生は、正直に、LASIKばかりをする先生には古くさいと言われることもある手術だけれども、私は最も優れていると思いますとお話しされました。

もし、手術をお願いするとしたら、他の誰でもない、この先生(眼科部長)にやっていただくことになります。
そうであれば、この先生が最もなれた術式でやっていただくのがどう考えてもベストです。
僕は自分自身のために、この先生の最も力を発揮できるやり方が何かを知り、それをお願いすることがよい考えています。
そして、この先生がやりやすいように、僕に何かできることはないかを考えることです。

LASIKは手術をする医師の心臓に悪い手術であるともお話しされました。
かなり集中力を必要とするわけです。
もしお願いするとしても、LASIKではありませんが、そのように集中力が必要で精神的な負荷がかかるのであれば、先生によい体調でいていただき、そして余計なプレッシャーをかけないようにすることが必要です。
先生がうまくやってくれることが、何よりも大切なことですので。

今日は、本当によい勉強になりました。
残念ながら、手術をするとしても、結構後のことになりそうです。

百聞は一見にしかず?

いつも何かしらの本が鞄に入っていますが、今読んでいるのは「プリオン説はほんとうか?」という本です。

BSE(牛海面状脳症:狂牛病)の病原体とされる異常型プリオンタンパクを発見したスタンリー・プルシナーは1997年にノーベル賞を受賞しました。このプリオン説に反論する本です。
科学者らしく、理論的に客観的事実が並べられていきます。

思い込みは怖いです。
どんな真実も見えなくしますし、逆に真実から遠ざかって行くにも関わらず、真実に近づいていると錯覚してしまいます。

そんなときに大切なのが客観的事実だと思います。
誰が見てもそう思える事実。

自分だけが本当と思っていても、他人が見たら本当ではないもの。
この別は重要だと考えます。

この本はとにかくおもしろくて一気に読んでしまいました。
そこで思うことは、百聞は一見にしかずという言葉です。
たしかに一見したという事実は確かなことでしょうが、客観的にどうなのかの検証も大切です。
自分の目で確かめて、そこで止まらずにさらにはそれを検証する。

科学の面白さに触れた出来事でした。

獣医学は自然科学と呼ばれる分野に入ります。
やはり思い込みで突き進むことは危険です。
いろいろな検査結果を自分の目で確かめても、さらにはそれを疑ってみることが多々あります。

多くの場合は最初の「何となく」思ったことが結局は正しかったということがよくあります。

今年、日本人でノーベル賞受賞者が多くでました。
大変に嬉しいニュースです。
授賞式に向かう受賞者がステキでした。

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

iTune