旅行・地域

クッシング症候群

先日、上野公園を散策しました。sun
梅雨の間待ちわびていましたので、酷暑でしたがギラギラと照りつける太陽が嬉しい日でした。
ところどろこで路上のパフォーマンスがあり、あれも大道芸と呼ぶのでしょうか、球場では少年達が白球を追いかけていたり、カップルが氷を分け合っていたり。confident
木漏れ日が熱線のようでしたが、木陰も多くある上野公園はよい散歩道かもしれません。


このような暑い日にはワンちゃんの食欲がなくなることがよくありますが、それでもモリモリと食べて、お水を異常なくらいに飲む子もいます。

そのような子が来院しました。
とにかくお水をよく飲むとのこと。お話を聞きますと、1日に体重1kgあたり100cc以上。
だいたい体重10kgの子で1リットル以上飲む計算です。
これは明らかに異常です。
よく食べることも、もしかすると病気のせいかもしれません。
お腹も丸々としています。

いろいろと検査を行いました。
血液の検査や副腎皮質ホルモンの検査も行いました。
そこで出た診断名は「クッシング症候群」です。

この病気の治療は薬を使った、いわゆる内科治療が中心です。
FDA(アメリカ食品医薬品局)が獣医師向けにこの病気の治療薬の使用法に関するガイドラインを公開しています。
トリロスタンという薬が唯一FDAが認可しているクッシング症候群の治療薬です。
この薬は高価で1錠でランチを食べられるくらいです。

文献的にはその他いくつかの薬の治療方法がありますが、飼い主さんといろいろとお話をした結果、副作用が少ないものを選びたいとのことで、FDAも認可するトリロスタンを使うことになりました。

治療開始2週間くらいでだいたい満足できる結果が得られました。
水を飲む量は治療成果の目安でもありますが、これが減ってきました。
しかしながら、食欲は変わらず旺盛です。
お話を伺いますと、ジャーキーが大好きとのことでした。
好きな物が好きなだけあるようですので、食欲は落ちそうにありません。

お薬を使い始めて1カ月。
ゆっくりとですが、体型がよくなりました。
検査結果も良好です。
次の検査は3カ月後。
さらによくなることを期待しながらの3カ月です。confident

日帰りの旅に行ってきました

先週のことですが、日帰りの旅に行ってきました。
朝の外来を診察した後に新幹線に飛び乗って盛岡へ。
出身大学の研究室の教授が今年退官ということで、最終講義がありました。
学生時代にはとてもお世話になった先生です。


僕は病理学研究室に在籍していました。
病気になった動物を肉眼的な検査と組織学的な検査を行って診断する研究室です。
どのような異常があるのか、または、ないのかを所見にまとめ、結果どのような病気なのかを診断します。

よく皆さんがご存じのものとしては、例えば体のどこかにできものができたときに、それが癌なのか違うのか、また、癌だとすると、良性なのか悪性なのか。それを肉眼的に、そして顕微鏡を使った組織学的に調べて診断をする学問です。
病理検査と呼ばれるものです。


教授も助教授も僕が在籍していた頃と同じ先生のままでした。
教官との再会は2年ぶりくらいでしたので、それほど懐かしいと思うことはなかったのですが、仲が良かった同級生3人での会話はとてもとても懐かしい気がしました。


盛岡と言いますと、麺どころです。
わんこ蕎麦、盛岡冷麺、じゃじゃ麺が盛岡の3大麺と言われます。
学生時代によく食べた冷麺は今銀座にも支店ができていて食べることができます。
→盛岡冷麺のお店「ぴょんぴょん舎銀座店」へのリンク

僕が盛岡で一番食べたかったのが、よく行った定食屋さんの鳥飯(とりはん)と言う丼です。
まだやっているという情報はありましたので、今回も駅から直接そのお店を目指しました。
ちょっと看板が変わっていましたが、おじさんもおばさんも変わらずとてもお元気そうでした。
多くの学生が訪れるお店ですが、僕の顔を覚えて下さっていて、「卒業生だべ」と歓迎してくださいました。
変わらない鳥飯の味が嬉しかったです。


その後に最終講義に出席し、少し早めの新幹線で東京に帰ってきました。
今月もいろいろなことがありました。
大学への日帰り旅はよい気分転換になりましたよ。

日帰りの旅(の予定)

予定が予定どおりに実行できるかは直前までわからないのが動物病院らしいのですが、一応、17日(水)には日帰りで盛岡へ行く予定があります。

しかし、直前に離れられないお子さんが入院となることもありますので、予定はあくまで予定です。

この日は大学へ行きます。
(正確には、行く予定です。)
出身大学の出身研究室の先生が退官されると言うことで、午後3時から最終講義があります。
この講義を受けに行きます。

僕は (現) 国立大学法人 岩手大学 獣医学課程 獣医病理学研究室というところの出身です。
獣医師になるためには6年間大学へ通います。
その後に国家試験を受けて獣医師となります。
この6年間の大学生活のうちの後の2年以上を研究室で過ごします。

これは、うちの大学の話ですので、他大学や私学の場合は研究室に在籍する年数が異なるかも知れません。

研究室ですと、朝から夜までのほとんどの時間をそこで過ごすことになります。
うちの研究室はきまりがありまして、朝の8時30分入室→掃除などをして→午前9時にお茶会というものがありました。茶室でお点前を・・というものではなく、普通にお茶を飲みながら、いろいろな話をしたりするものです。
特別にミーティングというものでもなく、どちらかと言えば団らんですね。
これが夕方の5時からもあります。

お茶会に参加するのは、獣医病理学研究室のメンバー全員ですので、教授、准教授、など先生方と、研究室に在籍する5-6年生、そして大学院生や留学生です。

大学生活と言えば、大学に行ったか行かなかったかという日もありそうなものですが、うちの研究室に限ってはそれはできませんでした。
朝と夕方にお茶会がありますから。
これが堅苦しいものではなく、本当に気楽な団らんですので、参加するのがイヤだと思ったことはありませんし、むしろ楽しい思い出ばかりです。

僕は特別に教授にお世話になりました。
卒業論文の担当教官も、同学年の病理学研究室の中では僕だけが教授でした。
僕の卒業論文をオーストラリアの学会で発表することになり、教授と参加したこともありました。

学生時代ははるか昔のことになりましたが、今でも新鮮に思い出します。

ちょうど寒い冬の盛岡。
最も盛岡らしい季節かも知れません。

熊本で仕事をしている学生時代の親友と当日は東京駅で待ち合わせしています。
楽しみですが、急患がないだろうか、直前に体調を悪くする子はないだろうか、心配は尽きません。

予定が実行されましたら、後日またブログにアップしますね。

(日本橋動物病院)

TOKYO SKY TREE

日本橋動物病院

おはようございます。
晴れましたねぇsun


最近、清洲橋から見える建設中の建物が気になっていました。
清洲橋を中央区側から渡るときに、右には佃、月島のマンションがきれいですよね。
逆側、左手側に今はまだちょこっとだけ見えているのですが、何か大きな物が建ちそうな、そんな物があります。

看護士に「TOKYO SKY TREE」だと言われ、少し調べてみますと、すでに高さ200mを超えたのだそうです。
→TOKYO SKY TREE
最終的には634m。
この634はムサシなのだそうです。
開業予定は2012年春。
この時点で自立式電波塔というカテゴリーでの世界一なのだそうです。
(ちなみに東京タワーは高さ333m)

今200mを超えたところで、清洲橋からはちょこっと頭が見えるくらいですから、さらに400m以上伸びるとなると、もっとはっきりと見えるようになりますね。

今でもいろいろなドラマに登場する清洲橋ですから、右手のきれいなマンション群、左手には東京スカイツリーだと、さらに注目されそうです。

清洲橋を通るたびに、今日はどこまで伸びたのか、東京スカイツリーの高さが気になりそうです。
東京タワーの時にも完成を心待ちにする人々がいたと思います。
時を超えて、同じ楽しみを共有できているような、そんな気がしますhappy01

イルミネーション

突然寒くなりましたねtyphoon
薄手のセーターではちょっと辛い日でした。

先日、ブログの更新が少ないのではないかとご指摘を受け、反省しつつ、毎日を目標に心機一転。
このブログをはじめて既に1年以上です。
せっかくの場ですから大切にします。

日本橋浜町ピーコック前のトルナーレFタワー前。
街路樹のイルミネーションが今年も始まりました。
(よくテレビドラマやCMで使われる場所です。)

1年間は早かったのか、遅かったのか。

よく、小さいときの1年と、年齢が進んでからの1年とは感覚的に違うと言われます。
小さいときの1年の方が長くて、年齢が進んでからの1年の方が短いと。
当然ながら24時間が365日という時間の違いがあるわけがなく、感覚の違いのようです。

代謝が関係すると言う人もいます。
小さいときは代謝が活発なので、時間が長く感じられるのだそうです。
逆に、代謝がゆっくりだと、時間の流れは速く感じるということです。

こんな実験をテレビで見たことがあります。

イスに座って時計を見ずに30秒経ったと思ったら手を挙げて知らせるというものです。
この場合と、同じ人がジムで運動をして汗をかいて代謝がさかんに行われているときに同じ実験をしていました。
何もしないでイスに座ったままだと30秒を短く感じ、運動の後で代謝が活発なときだと30秒を長く感じるという結果でした。

残念ながら、人の代謝はそのような感覚に違いがでるほど低下するものなのですね。

このようなことを書いておいて何なのですが、僕はこの1年は大変に長く感じています。
代謝は間違いなく落ちているのでしょうが、いろいろなことが濃密に過ぎ去り、それぞれに大きな思い入れを持って過ごしてきたのは間違いがなさそうです。
飼い主様との細かなお話や、手術時の感覚も、そしていろいろな出来事も、かなり新鮮に思い出されます。
寂しいお別れもありましたし、大変に多くの新しい出会いもありました。

イルミネーションは濃淡のブルーですshine
これを見る度に、この1年を振り返る、そのようなものになりそうです。

明日は、今日間に合わなかったこのイルミネーションの写真をアップしてみます。

皆様、外出時は温かくしてくださいねnight

グアム-3of3-

3日間続けてグアムのことです。
7-8年も前の話です。グアムにたった24時間だけ滞在したことがあります。


アガニア湾の砂浜で夜明け前に寝入ってしまい、どこから来たのかわからないワンちゃんにかなり激しく吠えて起こされました。
ラブラドールくらいの大きさです。
野犬ではないと思いますが、ヨシヨシとはできませんでした。

僕が起き上がると、走り去って行きました。
朝日を見ようと海岸に出たのに、すでに日が昇っていました。
寝ていた砂浜はホテルまでは歩いてすぐのところでしたが、チェックインの予約は午後の3時。
一応荷物だけ先に預かってもらえないかお願いしてみようと思ってホテルまで向かいました。

受付は朝なのに薄暗く、カウンターには女性が一人。
快く荷物を預かってもらえるかと思ったら、部屋も自由に使っていいと言われました。
チェックインは3時、でも、まだ8時頃。
ラッキーでした。
部屋に入って、まずシャワーを済ませ、ちょっとだけベッドに横になると、・・・疲労からか寝てしまいました。
滞在時間はたった24時間しかなく、深夜の3時には空港にいなければならないのに、気づいたら11時でした。

グアムまで来て、昼寝だけをして帰るわけにはいかないので、早速出かけました。
受付で、本屋に行きたいのだけど、どこにあるかを尋ねたら、韓国系の年配のオーナーさんがついでがあるから車で連れて行ってくれるということで、ありがたく乗せて頂きました。

地元の人が使うショッピングセンターに行くけど観光客は来ないよと言われました。

・・・学生時代にいろいろんな国を旅行しました。
まさに貧乏旅行で、バッグ一つで路地裏を歩いたり、ユースホステルに泊まったり、節約のために水でお腹を満たしたり。
そんなときに、いつも不思議だったのは、どこに行っても日本人がいるということでした。

最も驚いたのは、スイスとフランスのフランス側の国境の町で、寝台列車を待っていた時です。
かなりの田舎町で、観光地ではありませんし、滞在するとしても目的が見つからないようなところです。
ちょっとだけ駅を離れて、地中海を眺めていると、・・・やって来ました。日本人。
こんなに田舎なのにやっぱりどこにでもいるんだな〜と本当に不思議でした。

ホテルのオーナーさんに、観光客は来ないよと言われても、グアムなのにそんなところがあるだろうかと簡単には信じられませんでした。

さすが、地元のショッピングセンターといったところでした。
そして、本当に観光客はいませんでした。これは驚きました。

そこで小説を1冊だけ買い、帰りは自分で帰らなければならなかったので、バス停で待っていると、すぐ横の人が一人やっと入れるくらいの小さな野菜販売所でスターフルーツを売ってました。
おばあさんが袋にいっぱい入れてくれて、1ドルで売ってくれました。
スターフルーツがたくさん入った袋が嬉しくてたまりませんでした。
それだけで、グアムでの思い出ができたような、そんな感じがしました。

スターフルーツを食べながら、バスにゆられてタモン地区へ移動し、一応観光客が見そうなところをひととおり見て、ちょっと遅いランチをとることにしました。

ハードロックカフェでハンバーガーを食べました。
一人だけで食べているのは僕くらいのもので、ちょっとめずらしかったのか、店員さんが話しかけてきました。
フィリピンから働きに来ているという彼は、近くのお店の話や観光についていろいろと教えてくれて、最後には飲み物をサービスしてくれました。

タモン地区周辺を回っているバスにゆられ、ABCマートなど一応見たあとは、ホテルに帰り深夜の空港行きのバスを待ちました。

ホテルから空港までの帰りのバスの車内で、真っ暗な外を眺めながら、この道をずっと歩いたんだな〜と感慨深いものがありました。
こうしてグアムの滞在が終わりました。

このような体験から、グアムなら日帰りができるのではないかと考えた訳ですが、日帰りはこれよりも大変なのでしょうね。
次にグアムに行くことがあれば、ゆっくりと、せめて2泊以上で行きたいものですhappy01

グアム-2of3-

昨日からのつづきですairplane
7-8年ほど前のグアム滞在24時間体験記。

それまでは、海外というと貧乏旅行ばかりをしていましたので、格安航空券だけを使っていました。
しかしその時は違いました。
マイルポイントで獲得した日系の航空会社の航空券。
全日空での海外旅行は久しぶりでした。

しかしグアムまでは3時間、10時間を超える飛行機での旅を何度か経験していましたので、あっという間に感じられました。
午前3時くらいにグアムに到着すると、到着ゲートの外では、僕が乗ってきた機体で1時間後の午前4時に日本へ向けて帰る方々が待っていました。
・・・24時間後の自分を想像してしまいました。

日本は冬でしたが、グアムはまるで日本の夏のように空気が湿っていました。
到着前はハワイのように乾燥した暑さをイメージしていました。
雨が降った後のようでした。
すぐに空港内のトーマスクックの両替場でトラベラーズチェックをUSドルに替え、いざ出発です!

という勢いの炎はすぐに鎮火されました。
当然なのですが、普通の旅行者は大型のバスでどんどんホテルへ送られていきます。
夜明け前の真っ暗なグアムで独りぼっち。
朝日を見るために海岸線まで歩く予定でしたので、地図を持ってトボトボと歩き始めました。

広い道路を一人徒歩。
事件に巻き込まれないかと不安もありました。
グアムって銃を持った人がいるのかな〜なんて、本気で心配しながら。

かなり歩きましたが、全く海岸線に近づいた感じがしません。
地図の縮尺をしっかりと把握できていなかったようです。
簡単に考えすぎていました。
何度もタクシーが通り過ぎますが、ここまで歩いたのだから、今更タクシーなんてと思いながら歩き続けました。

すでに1時間以上歩き続けています。

途中で24時間営業のコンビニがあったので、スポーツ飲料と棒つきのアイスを買いました。
すでに海岸線までの持久戦体勢です。
次の瞬間、とても寂しいことが起こりました。
アイスを袋から取り出すと、棒だけ残してほとんどが地面に落下です。
まだまだ真っ暗な時間、落ちたアイスが遠くのコンビニの光だけではあまりよく見えません。
お店の冷凍庫の温度が甘かったのでしょう、溶ける寸前だったようです。
かろうじて棒に残っているわずかなアイスを口に入れ、スポーツ飲料だけを片手に歩き続けました。

既に何度も感じていた、罰ゲームのようなグアム旅行の予感がどんどん現実になってきます。

やっとのことで、海岸線のあるタモン地区に到着です。
ビーチで朝までのんびりしようと思ったのも束の間、また次の厳しい試練が待っていました。
タモンの海岸は、ほとんどがホテルの裏手にあり、ホテルを通らないと海に出られないようになっていました。
ちょっとどこかに海への通り道がないか歩いてみたのですが、残念ながら探し出すことができませんでした。

僕の予約した安宿はタモン湾ではなくマイナーなアガニア湾に近いので、進路を変えて、アガニア湾を目指すことにしました。もちろん徒歩で。

途中まで気力で歩いたのですが、すでに2時間以上。
タクシーを捕まえようと、無念の決断をします。
しかし、しかしです。
捕まえようとすると、先ほどまでひっきりなしに通り過ぎていたタクシーが全く見られません。
また歩き続けます。

やっとの思いで、アガニア湾に到着です。
なかなかない体験ではないでしょうか。
グアムの空港からタモン湾まで歩き、そしてさらにアガニア湾まで歩きました。
この時点で、海の向こうの空は白くなってきました。
日の出が近いようです。

ビーチに日本から持ってきた小さなシートを広げて寝転びました。

シャッシャッシャッとビーチの砂がかかってきます。
寝転んだ後、どうやら完全に寝てしまっていました。
夜明け前のグアムで野宿のようです。

その砂をかけてきたのは、どこから来たのかわからないちょっと大柄な・・・
犬でした。

グアムには狂犬病がありません。
それだけでホッとしました。
当然ワンちゃんはどんなに大きくても怖いことはありません。

僕に向かってかなりの勢いでワンワン吠えていました。
海岸で熟睡しているところをその犬に起こされました。

テレビ番組だったら、完全に仕込みのような、そんな試練が次から次へと起こります。

-つづく-

水天宮

当院の入り口から水天宮が見えます。
http://www.suitengu.or.jp/index.html

安産祈願で訪れる方が多く、特に戌の日には大勢の妊婦さんとそのご家族で賑わいます。

08101602_2

犬は安産で子がたくさん生まれるということで、水天宮には「子宝いぬ」がいます。
確かに犬は安産が多く、時に難産であることももちろんあるのですが、多くの場合は人の手助けが必要ないものです。

安産祈願の方々が行列をつくるのはこの境内のある階段の下で、長いときには1時間以上並ばないと境内までたどり着かないようです。
特に晴れた祝日の行列は長いですよ。
それでも朝9時ごろまでは行列も短いので、やっぱり早いほどよいのでしょうね。

今日は人形町で人形市がひらかれているので、この水天宮前の境内でも催し物があるようです。

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

iTune